ノーサイド?ノーサイドの精神?ラグビー用語を徹底解説!!

ノーサイド?ノーサイドの精神?ラグビー用語を徹底解説!!

 

ラグビーの試合終了をなぜノーサイドというのでしょうか?

ノーサイドは、世界の共通語なのかを含めて、ノーサイドについて解説していきます。ノーサイドの精神やノーサイドが賞賛された試合が過去にあるので、それを織り交ぜながらラグビーの楽しさを知るきっかけにしてみてくださいね。

 

ノーサイドとは?

ノーサイドとは、ラグビーの試合の試合終了のことを指します。試合が終了したら、敵味方などという区別がないという意味でこの言葉が試合終了に審判が宣言するようになったのです。

しかし、海外ではフルタイムという言い方をするのが一般的で、ノーサイドとは日本で用いられる言葉になっています。ノーサイドとは、グランドの外に出たら、敵味方などないという精神ですべての選手たちがラグビーをプレイしているのです。

ラグビーの試合からは、とても熱い思いが伝わってくるので見るものを圧倒される空気感があるということが伝わってくるのではないでしょうか?

ノーサイドの精神とは?

ラクビーのノーサイド精神とは、アフターマッチファンクションにあるでしょう。

アフターマッチファンクションとは、ラクビーの試合終了後に両チームの選手やスタッフ・審判・協会関係などその試合に関わってきた人全員が軽食や飲み物など飲食を楽しみながら、お互いのプレイを健闘してねぎらう交歓会の事です。

会社ではパワハラのような全員参加の飲み会ですがラグビー会では重要な伝統行事の一つです。

試合中は興奮しすぎて殴り合いになるまでに至るケースもありますが、笑いあいながらその時のことを水に流し、お互いを尊重して次の世代へと精神性が引き継がれていきます。この精神からラグビーは、紳士のスポーツとして知られるようになったといえるでしょう。

ノーサイドと審判が宣言することは、時代とともに減ってきていますが、ノーサイドの精神は、今後もラグビー選手はもちろんのこと、多くの人たちにこの精神を知ってもらうことで、人との関わり方が変わってくるのではないでしょうか?

最新情報をチェックしよう!