TOKYO2020FC リーグ戦第4節!!VS FC.PHOENIX 5/15

5/15にサッカー東京都社会人リーグ2部第4節のFC.PHOENIX戦が行われ2ー1でTOKYO2020FCが勝利した。

小雨の中、ナイターで行われた試合の会場は埼玉県のレッズランドである。

非常に苦しい戦いとなったが見事に勝利を納めリーグ戦の戦績は3勝1敗となった。

 

出場選手(スターティングメンバー)

フォーメーションは4−5−1

桐林 海生 GK(ゴールキーパー)

渡邊 翔  DF(右サイドバック)

稲葉 将  DF(センターバック)

横井 創  DF(センターバック)

冨江 皓  DF(左サイドバック)

小川 一矢 MF(ボランチ)

新谷 虎鉄 MF(ボランチ)

齊藤 拓哉 MF(右サイドハーフ)

大竹 琉生 MF(左サイドハーフ)

長岡 克憲 MF(トップ下(セカンドトップ))

加藤 壮馬 FW(フォワード)

 

試合内容「前半」

両者、ディフェンスラインから組み立てる互角の立ち上がりとなり効果的なロングボールから相手ゴールに迫るシーンが多い展開となった。

TOKYO2020FCは右サイドバックに渡邊翔と左サイドハーフに大竹琉生の2名を初スタメンで起用した。今回はこの2人の活躍が勝利に大きく貢献する活躍を見せた。

第3節までは左サイドからの組み立てしか出来ていなかったTOKYO2020FCだが、渡邊が右サイドバックを努めた今回は右サイドからも効果的な繋ぎや組み立てが生まれた。

変わらず左サイドは攻守ともに安定しチームのストロングポイントでありビックチャンスも何度も演出していた。

両者攻めぎ合う立ち上がりだったが、冨江皓が起点となり大竹、FWの加藤壮馬と繋ぎ最後は右サイドハーフの斉藤拓哉が左サイドネットへ強烈なシュートを突き刺した。

開始早々に先制し、流れを掴んだかに思われたがその後も展開は変わらず両者攻めぎ合う展開が続いた。

 

FC.PHONIXのディフェンスラインでの繋ぎに対して積極的に奪いに行けないTOKYO2020FCは引いて守りを固めたが、

MFとFWの選手が入れ替わり絶妙なポジショニングを取るFC.PHONIXの選手を捕まえきれず、効果的な選手へパスを繋がれチャンスを作られていた。

右サイドから左サイドへ展開され、その折り返しをペナルティーエリアのフリーな選手へ繋がれる大ピンチを迎えたが、最後のシュートをDF稲葉将が体を張ったスライディングでなんとか防いだ。

TOKYO2020FCは引いて守っている事もあり徐々に相手に押し込まれる展開となる。

奪ったボールをFWの加藤へ繋ぐがサポートがいない事も目立ち、徐々に加藤へのパスもスペースへのパスとなり始め加藤が自力でなんとか納めるシーンが増えた。

1点リードのまま後半戦へ。(次のページ)

最新情報をチェックしよう!