TOKYO2020FC VS 東京23FC江戸川 2/19

レッズランドにてTOKYO23FC江戸川と練習試合を行った。

土曜日の練習試合という事もあり多少の主力メンバーを欠いたTOKYO2020FCだったが2−1と勝利した。

 

■試合内容 前半

攻め込まれる時間が長く前半の前半はボールを保持する時間も短かった。

昨年からセンターバックでスタメンとして出場していた稲葉と熊谷を中心に大きなチャンスは作らせず安定した守りを見せた。

うまくボールを回せないTOKYO2020ベンチは早速動き早々にメンバー交代を行い、逆サイドを意識しボールを回すように指示を出した。

すぐに改善とまではいかないが徐々にボールを保持する時間は長くなってきた。

しかし相手の優勢は変わらずついには決定的なチャンスも作られ始める。

キーパーのファインセーブもありなんとか凌いでいたがついに失点を許し0−1で前半を終えた。

 

■試合内容【後半戦】

相手のプレッシャーも少し緩み逆サイドへの展開も徐々に増えてきたTOKYO2020FC。

攻め込まれながらも中盤でボールを奪うシーンも増えショートカウンターから何度か攻め込むシーンを作っていた。

しかしやはり相手に隙を見せキーパーと1対1などの決定的なシーンを数回作られてしまった。

本日はキーパーもファインセーブに救われ失点は1に抑えたが課題が残る。特に後半は右サイドの守備がはまらずチャンスを作られていた。

キーパー、ディフェンスラインの活躍に応えたフォワードは2得点の活躍を見せ見事逆転。

劣勢な試合ではあったが決定機を凌ぎ少ないチャンスを物にしたTOKYO2020FCが勝利した。

 

■改善点

主に本日は中盤の課題が目立った。

・逆サイドへ展開出来ない。

・相手の背後へのパスが少ない。

・無駄なタッチが多く詰まってしまう

・フォワードとの距離が遠くサポートが出来ていない

個人の課題とチームの連携課題もあり以前の試合や練習から改善を目指してはいるがやはり課題は多い。毎回同じ選手が集まれる訳ではない事、個人のコンディション不足も原因である。

だが今回も試合を通して徐々に改善はされているので引き続き取り組みたい。

 

■今後の活動

3/27のリーグ戦まで残り役1ヶ月。

次週末は試合はないが3月は毎週末試合を行いリーグ戦へ向けレベルアップを目指す。

平日の練習も機会を増やしていたり新戦力も続々と参加しているが、練習試合の内容や結果を見る限りではリーグ戦へ向けて不安は大きい。

リーグ戦は第1戦、第2戦と昨年の上位にチームと早速対戦となる為に開幕早々に最大の山場となるので昇格へ向けて非常に大事な1ヶ月となる。

 

最新情報をチェックしよう!