費用が高いスポーツジムに通わないと、痩せない、筋肉がつかないということは一切ありません。
安いスポーツジムでも、通い方や鍛え方でしっかりと結果を出すことができます。
今の体型が気になる、もっと筋肉をつけてカッコいい体になりたいという時には、ぜひ無理なく通える安いスポーツジムにトライしましょう。

■低価格なスポーツジムにもメリットは多い

料金の高いスポーツジムにしかないメニューや機器などもありますが、低価格でも十分に運動ができます。
ほかにもメリットが多数あるので、覚えておきましょう。

・安いからこそ続けられる

どんなに良い器具や素晴らしいトレーナーがいても、生活費に響いてきてしまうと続けることができません。
有名なトレーナーがいてマンツーマンで教えてくれるようなスポーツジムは、そこそこの費用がかかります。

しかし、最初は頑張って運動ができても、途中でお金が払えなくなりやめてしまってはしっかりと結果が出ないまま終わってしまいます。

マンツーマンで教わる場合は別途料金がかかってしまいますが、自分だけでも器具を使いながら鍛えられます。
費用が安ければ生活費にも影響が出にくく、通いやすいでしょう。

・器具が揃ってるスポーツジムも多い

安いからといって、器具が少ないわけではありません。
多少、順番待ちしなければならない場合はあるかもしれませんが、最近は低価格なスポーツジムでもさまざまな器具を取り揃えています。
腕、背中、足などを部分的に鍛える器具があり、自分が頑張って筋肉つけたいところを鍛えられます。

・無料で行えるダンスがある場合もある

スポーツジムでどんなメニューを取り入れているかにもよりますが、時間によっては皆で集まってダンスをするような場合もあります。

普段は一人で自分の鍛えたい部分を黙々と行うようになりますが、皆で集まって行うダンスは和気あいあいとしていて楽しいものです。

大人数でもできるエクササイズやダンスなどを取り入れている安いスポーツジムもありますので、気になっている方はそういった時間があるジムか見てから通いましょう。

新しい友人ができるチャンスにもなり、運動を続けることがもっと楽しくなります。

・自分のペースで通える

仕事が忙しい時や何かアクシデントがあった時には行けないですし、自分の体や心のコンディションが悪い日もあります。
安いスポーツジムは基本自由に契約している時間帯に行けますし、事前に連絡しなければいけないこともありません。
「今日は頑張るぞ」という時には、頑張って長時間もできます。

マンツーマンで教えてもらうとなると予約制が多く、決まった時間に必ず行かなければいけません。
何か都合や体調が悪くなった時には連絡が必要にもなるため、断る手間が取られてしまいます。

■低価格なスポーツジムのデメリット

メリットも多数あり魅力的な安いスポーツジムですが、実はデメリットもあります。

最初ホームページを見て24時間通えると思っても、よく見たら安い費用の場合朝の6時から10時までなど、時間制限がある場合もあります。

ほかにも、使用したいお目当ての器具がある場合には程度費用を払わないといけないスポーツジムでないと用意されていない可能性があります。

通うのにも車を使わないと遅い時間までは不自由な立地など、多少デメリットもあります。

■何より続けられることが重要

安いスポーツジムは、極端に器具がなかったり縛りが多かったりするわけではありません。
器具もある程度揃っていて、自由に行きたい時に行けるためしっかりと通えば結果が出ます。

使い方がわからない時には、トレーナーに聞けば丁寧に教えてもらえます。
何より費用が安く生活費に支障が出にくいため、長く続けやすいためおすすめです。

 

最新情報をチェックしよう!