ジムで痩せたい人必見!抑えるべきポイント

痩せようと思っている方の中には、ジムに通うのはもったいないから独自で取り組もうと思っている方もいらっしゃるでしょう。
ただ、ジムはお金をかけるだけの価値があります。
そこで今回は痩せるためにジムに通うメリットなどを見ていきましょう。

■有料だからこそ本気のダイエットができる

ジム通いはお金がかかるからこそ、元を取ろうという意識が働きます。
ウォーキングやジョギングは三日坊主で終わってしまうという人も、ジムだと継続できるケースが多いのです。
有料だからこそ本気で取り組むことができ、短期間で目に見える変化につながるわけです。

運動をして痩せるためには、体質そのものを変えていく必要があります。
肥満体質から筋肉質の体質に変えることができれば、脂肪の燃焼力が格段にアップするので、食べても太りにくい体になります。

■まずはどこを落とすのが決めておこう

ジムで痩せるならば、ボディバランスを整えましょう。
太りやすい場所、太りにくい場所は、人によって違うのが当たり前です。
ウォーキングやジョギングは減量するには役立ちますが、ボディバランスを整えるうえでは不向きです。

ジムのメリットは痩せたい部位に合わせた運動ができることで、ぽっこりお腹を解消したり、二の腕を細くしたりできます。
人間の体は脂肪が増えると代謝が悪化し、筋肉が増えると代謝が促進される性質があります。
ジムでは痩せたい部位にだけアプローチができるので、理想のボディを実現するために適しているわけです。

■痩せるポイントはたんぱく質にある

たんぱく質が筋肉の原料になることは有名です。
ジムで運動をしているのに筋肉がつかない人は、たんぱく質が不足している可能性があります。
たんぱく質は食事から摂取するのが基本ですが、それに加えて運動後も摂取しましょう。

ジムで筋トレをしてから、30分以内にプロテインドリンクを飲むのがおすすめです。
プロテインドリンクは吸収性に富んでおり、胃腸に負担がかかりにくいのです。
プロテインドリンクを用意できない場合は、牛乳や豆乳で代用しても問題ありません。

■ジムは継続的に通うことが大切

たまにジムに行く程度では、ボディを引き締めるのは困難です。
体質を変えていくポイントは継続にあるため、少なくとも週に2回は通うようにしましょう。
2~3日に1回などとペースを決めておき、それを3ヶ月続けるようにします。

継続すれば運動が習慣化し、無理なく痩せられるようになります。
三日坊主で終わってしまう人の特徴は、数日しか実践していないことです。
始めてから間もない頃は、諦めやすいタイミングでもあります。

ジム通いをするからには、最低でも3ヶ月は続けると強く決意してください。

■ウォーミングアップをしておく必要性

人間の体は、冷えている時は固まっています。
この状態で強い負荷を与えると、思わぬ怪我を招くことがあります。
怪我をしないためには、事前にウォーミングアップをして体を温めておくことが大切です。

それにより体が柔軟になり、可動範囲も広くなるわけです。
「体がよく動く」と感じる時は、なんとなく調子が良いでしょう。

逆に体の動きが悪い時は、トレーニングをしていても気乗りしない、イメージ通りに体が動かない、などと感じるはずです。
運動の強度は少しずつ上げていくのが好ましいので、最初からハードな運動はしないようにしましょう。
筋肉が固まっている状態でいきなり負荷をかけると、筋繊維の損傷を招くことがあるので注意が必要です。

■マンツーマン指導を受けられるジムを

初めてジムでダイエットに取り組むという人には、パーソナルトレーニングジムをおすすめします。
トレーナーと1対1で取り組めるので、自分に最適な運動、筋トレをする頻度、時間などがわかります。

パーソナルトレーニングジムといえば上級者が利用するものと考える人が多いですが、未経験者や初心者が思いのほか多いです。
まずは筋肉をある程度鍛えて、やわらかくしてから次のステップに進むようにしましょう。
自主的にウォーキングやジョギングをしている人ならば、筋トレ後に行うとより効果的です。

 

最新情報をチェックしよう!