【本気の1週間ダイエット】短期集中で確実に成功させる方法を解説!!!

仕事のストレスでつい飲んで食べてしまって、気付いたらファスナーが開かなくなった。

もうすぐある集まりに着ていく予定の服を着てみたら・・・

そんな時は、短期集中のダイエットで何とか乗り切りましょう。

ちょっと大変ですが、1週間なのですぐ終わります。

ただし、これから紹介するのはハイリスクハイリターンの方法です。

後半で、あまり成果は出ませんがリバウンドの少ない1週間ダイエット法をご紹介します。

本気の1週間ダイエットで-3kg以上を達成する方法

本気の1週間ダイエットで-3kg以上を達成する方法

まず、この方法はリバウンドする可能性があり、健康を害するリスクもあることをお伝えしておきます。

ですので、自己責任でやってください。

参考:食べないダイエットは危険!カラダに起こりうる5つのリスク

ご紹介するダイエット方法は、食べるダイエットですが、量は減らします。

リスクは食べないダイエットよりは低いですが、リバウンドや栄養失調、生理不順になる可能性があるので、長期間続けないようにしてください。

1週間ダイエット:ハイリスクハイリターンver.

やることは以下の7つ

  1. 朝ごはんは食べること
  2. 通勤時などで少しでも運動量を稼ぐ
  3. お昼は控えめに
  4. 小腹が空いたらプロテインバー
  5. 夕食は極力少なめに
  6. お酒は禁止。水は適度に飲む
  7. お風呂に浸かり、ちゃんと寝る

摂取するカロリーを強めに制限します。

このやり方はリバウンドしやすいですし、食事量が減るので便秘になりやすいです。

ですが、結果は確実に出ます!

注意!人によっては結果がでません

注意!人によっては結果がでません

普段から小食だけど、脂肪が付いてしまってる人には効果がありません。

なぜかというと、摂取カロリーを抑える方法だからです。

あまり食べないのに、スラリとした体型でない方は、以下のことが考えられます。

  • 便秘気味
  • 代謝が悪い
  • 体組成バランスが悪い

この中でもっとも可能性が高いのは「代謝が悪いこと」です。

ハイリスクハイリターンのダイエット方法は、むしろ代謝を悪くするリスクがあるので、小食だけどお腹に脂肪が付いてる人は悪化してしまいます。

ですので、やることは真逆。

食べる量は変えないか、体の満足度と会話しながら量を増やす。

そして、運動量を増やすことです。

もちろん、代謝が良くなるような生活習慣も大切です。この記事内でも解説しますが、以下の記事も参考にしてみてください。

>>代謝をあげて痩せやすい体になろう!!代謝アップの方法と基礎代謝の重要性

1週間ダイエット方法にピッタリな人

1週間後のイベントに備えて今一時だけ。そんな人には丁度良いと思います。

ですが条件があって

  • 普段から食べ過ぎな人
  • かなり、ふくよかな人

この2つに当てはまる人でないと、思ったより効果が出ません。

以上に当てはまらない人は、次の方法をやってみてください。

本気で1週間ダイエット:低リスクバージョン

本気で1週間ダイエット:低リスクバージョン

次は、どんな人でもダイエットに失敗しない確実な方法をご紹介します。

通常のダイエット方法とあまり変わりませんが、1週間という短期間で終わらせるため、少しハードです。

ですので、ちょっとツラいですが頑張りましょう。

1週間ダイエットでやるべき3つのこと

本気で1週間で痩せたいなら、3つのことに集中しましょう。

  • 食事の制限とバランスに気を付ける
  • 運動量、活動量を上げること
  • 代謝をよくすること

それでは詳しいやり方を解説します。

1週間ダイエット中の食事

1週間ダイエット中の食事

1週間ダイエット中の食事は5つのことに気を付けてください。

  1. 朝食は食べること
  2. 昼食は炭水化物と脂肪に偏らないよう注意
  3. 夕食は食べ過ぎないように
  4. 全体的に腹八分目で
  5. 炭水化物と脂肪を気持ち減らし、タンパク質多めに

食事で気を付けることは以上です。

ポイントは2つ

  • カロリーの摂取量を少し減らす
  • カロリーをタンパク質から摂る

ダイエットに成功するには、カロリーの収支をマイナスにしないといけません。

「消費カロリー>摂取カロリー」

こうしないと脂肪が減ってくれません。

タンパク質は、1gあたりのカロリー量が4kcalです。脂肪は倍以上の9kcal

炭水化物とタンパク質はカロリー効率が同じですが、体に使われる目的が全く違うのです。

筋肉が衰えたら、いくらダイエットを頑張っても効果が小さいので、筋肉維持のためにもタンパク質は欠かさないようにしましょう。

タンパク質 脂質 炭水化物
1gあたりのカロリー 4kcal 9kcal 4kcal
100g消化する時のカロリー 120kcal 36kcal 24kcal
体での使われ方
  • 肌や髪
  • 筋肉や内臓
  • エネルギー
  • ホルモン
  • 脳の栄養
  • エネルギー

参考:食事誘発性熱産生

このように、脂質も炭水化物も大切ですので完全オフにするのはやめてください。

脂質と炭水化物ばかりでカロリーを摂るのではなく、タンパク質からもキッチリ摂るように意識しましょう。

運動量・活動量を上げよう

1週間本気でダイエットするなら、運動量や活動量を上げてください。

食事の管理の方が重要ですが、体を動かすことでよりダイエットに成功しやすくなります。

ですが仕事もあると思うので、あまり激しい運動や時間のかかることはやらなくてOKです。

運動の時間が取れない!という方は、通勤時にちょっとでも体を使いましょう。

  • エスカレーターを階段に
  • 早歩きで移動する
  • 電車は立って

デスクワークの方は、時には腹筋に力を入れて姿勢を正したり。かかとを上げて、ふくらはぎを刺激してみてください。

時間が取れる方は1日11分の運動を取り入れてみましょう。

1週間ダイエットの肝は代謝をよくすること

1週間ダイエットの肝は代謝をよくすること

1週間ダイエットに失敗したくないなら、代謝アップもとても重要です。

なぜならいくら食べる量を減らしても、運動をしても、代謝が悪かったら出るものが出ません。

特に体に溜まっている水分や、お腹に溜まっているもの。

これらは体の循環を改善しないと、外に出て行きません。

ですので、代謝をアップすることがとても大切なのです。

代謝を上げる方法は以下の5つ

  • 水を適度に飲む
  • 冷たい食べ物などは避ける
  • お風呂は湯船につかり、あたたまる
  • ストレッチをする
  • マッサージでむくみを取る

まずダイエットに失敗する人は、水の量を減らし過ぎです。

適度な量をチビチビ飲むことで、体の水分の循環が上手くいき、むくみが改善します。

そして、体を冷やさないこと。

体を冷やすと血液のめぐりが悪くなって、あらゆるモノの循環が悪くなってしまいます。

むくみの解消も、脂肪が分解されてエネルギーになる時も、血がよく流れることでスムーズになるのです。

ですので、体を冷やさないようにしましょう。

再生数1000万回超え、寝る前ストレッチ

寝る前ストレッチというタイトルですが、オススメはお風呂あがり。

体がポカポカしているうちにストレッチをすることで、体のコリはよりほぐれます。

少し体に力を入れるメニューも入ってますので、私は寝る前よりお風呂上りにした方が良いと考えます。

マッサージもすると、足のむくみはスッキリ解消されますよ。

足のむくみを取るマッサージ方法

まずは、ふくらはぎから。

足のむくみを取る時は、足先から始めましょう。

この後に、太もものマッサージをして下さい。

かならずマッサージオイルや、クリームを使いましょう。

あと1つ気を付けることは、強くマッサージしないこと。揉み返しを起こしてしまいます。

まとめ:本気で1週間ダイエットは体質に合わせて

1週間後、どうしても外せないイベントがあって、それに合わせてダイエットしたい。

そんな方はたった1週間でも良いので、頑張りましょう。必ず結果が出ます。

しっかり痩せたい方は、前半のハイリスクハイリターンの方法で。

ですが、普段から食べ過ぎている人や、かなり脂肪がある人向けです。

少しお腹が気になってきた。ちょっと体重を落としたい方は、後半のダイエット方法を選んでください。

早速始めて、1週間後にはキレイな姿を見せましょう。

最新情報をチェックしよう!