【アクティブシニア】高齢者におすすめの運動(トレーニング)

近年、「アクティブシニア」という言葉をしばしば耳にする。

仕事や趣味に意欲的で、健康に対して意識の高い60代から70代の高齢者である。
人生100年時代の「象徴」といっても過言ではない。
しかし、「人生100年時代」である。
80代の健康寿命を如何に伸ばせるかはこれからの課題であろう。

可能な限り早い時期から体を鍛え直すの事が大切で60代は最適である。
子育ても仕事も一段落ついて、時間にも余裕が出てくる。
体を鍛え直すためにスポーツを始めたり、スポーツジムに通いだしたりするのはこのタイミングだ。
ここでは60歳からのスポーツや運動の有益性とスポーツジムの選び方について説明していきたい。

 

60代に限らず、高齢者が筋肉を鍛えるメリット。

「ロコモティブシンドローム」という言葉を耳にしたことはないだろうか?
四肢や体幹、特に下半身の筋力低下である。それに伴い「歩いたりすること」
「行きたいところに移動すること」が困難になることである。

60歳を超えて体を動かす運動やスポーツをしていない場合、人間は1年に1%
の筋肉が体から消滅するのである。

「筋肉がなくなってくる」と転倒のリスクが増える。
骨折をしてしまい、動けなくなることで筋力はさらに低下する。
最悪の場合寝たきりになってしまう。
回復できたとしても、それには多大な労力と金銭を費やすであろう。

ひとたび落ちた筋肉を取り戻すのは大変である。
例えば、丸1日をベッドで安静にしているとする。この時に失った筋肉を取り戻すには
2日間のトレーニングが必要なのだ。
最新の機械や素晴らしいスポーツトレーナーの力を借りたとしても、それは変わらない。
万事に共通している。

建造物にしても、作るときは図面を引いて設計図を書いたり、基礎工事をしたりして手間暇かかる。しかし、壊れるときは一瞬である。

筋肉についても同じである。ゆえに不断の努力が不可欠なのだ。
様々な面から人生において、60歳は節目の年であろう。
昨今は定年を70歳まで伸ばしている企業が多い。
しかし、働く量を減らす時期である。体も「重い軽い」はあれど、なにかしらの病を抱えている人間は多い。

残りの人生を健康で楽しく生きるためにも、60という年齢の筋トレや運動は重要である。
ここで体を再構築して、人生100年の基礎を作る事をおすすめする。

60歳からのスポーツジム選び

これまで何もしていなかった人が「「ジムに通おう。」「体を鍛えよう」
と思っても、「何から手をつければよいか?」
ここではジムを選ぶ際に注意するポイントをいくつか説明する。

【ジム選びに注意するポイント】
1. サービスの質
2. 利便性
3. ジムの雰囲気

 

1、サービスの質

具体的には「利用料金」「スタッフの質」「設備の充実」。
この3点が注意するポイントであろう。

利用料金については、そもそも「年会費や月毎の利用料を払うのはもったいない。」という考えの人もいるが、そこの節約は推奨しない。

知識もないのに「我流」でおこなうと、かえって体を悪くしてしまう。
まずは専門のトレーナーから運動や筋トレのやり方を指導してもらうべきである。
正しい知識を吸収し、「自分一人でも出来そう!」と自信がついたら公共のジムなどを利用すればよい。

まずはスポーツジムに入会して、運動や筋トレの知識を得てから公共のジムを利用することを推奨する。

次に利用するジムの利用料だが、料金が「他のジムよりも高い」と思うジムもある。それについては見学した際に質問したり、しっかりパンフレット等を読んだりしてほしい。
割高な理由は専門のトレーナーがついてくれたり、追加サービスなどの特典があるからだ。
ジムを選ぶ際には詳細をチェックしてほしい。

そして、もっとも重要なポイントである。サービスの質は接客態度に尽きる。
例えば、A店とB店がある。両店ともトレーナーの質は同じである。
しかしA店は相談に親身にのってくれたり、トレーニングの仕方に迷いがある時、共に解決策を考えたりしてくれる。

反対にB店はマニュアル以外の事はしてくれない。
「どちらと契約したいだろう?」
言うまでもない。体験や見学では、そのジムの雰囲気をしっかりと観察してほしい。
「どのような機械があるか?」
そこも、体験の時にあわせて観察してほしい。

 

2、利便性

自分に合った場所や時間帯を選べることは、ジム通いを継続する上では重要である。
ジムに通うとき、自宅や職場の近くにあることや駅近くにあることは選定理由として重要なポイントだ。
個人的なことだが、筆者は囲碁を趣味としている。
しばしば訪れる碁会所は駅のすぐそばにある。

地下鉄の改札を抜けて、地上への階段をのぼる。出口を出たら隣が碁会所なのだ。
ご高齢の常連客は「雨の日でもぬれずに簡単に来れてよい。」という。
このように立地というものは物事を継続させるためには重要な役割を果たす。

3・ジムの雰囲気

ジムの雰囲気はトレーニングのモチベーション維持のためには重要だ。
そのジムが「どの年代をメインに経営しているのか?」
「60歳からのスポーツジム」であるなら「ストイックに追い込む」という事ではない。

20代の若い人達が「ムキムキ」に鍛えている空間に60歳のオジサンが
いるとする。60歳のオジサンは「気後れしてしまう」のではないか?
雰囲気や空気は大切である。
体験や見学の時にそのジムの空気をしっかり観察することである。

ここまではジム選びを説明してきたがパーソナルトレーニングが60代、70代に人気だ。
人との付き合いを避けたいという人はパーソナルトレーニングを活用するというのも一つの手だ。

【パーソナルトレーニングの利点】
1・集中してトレーニングができること。
2・マンツーマンで相談しながらトレーニングができる事
3・コロナ禍においては感染リスクが低いこと

 

ここまで60歳からのスポーツジム、トレーニングについて述べてきたが、年齢に関わらず体を鍛えることは間違いなく健康においてプラスだ。
それだけでなく、人生を楽しむことにおいてもプラスに作用する。

体を鍛えることは「外出すること」につながる。
基礎体力が上がれば、スポーツや趣味を楽しめる。
生活に潤いが出て、生きる活力にもなる。
人生100年時代である。。60歳からであっても、まだ十分に間に合う。
ぜひとも「60歳からのスポーツジム通い」を始めてほしい。

最新情報をチェックしよう!