ジムの料金システムの違いとおすすめの方法

ジムを利用する場合、ジムによって料金システムが異なります。
中には複数の料金システムが用意され、希望に合わせて選べるところもありますが、1つしか選べないケースもあるので、自分の利用の仕方やライフスタイルなどに合わせて選ぶことがおすすめです。
どの方法がベストというよりは、その方に適した方法を選ぶことが、その方にとってベストなコストパフォーマンスにつながります。

■月会費制

月会費制は大手のフィットネスジムなどで多いパターンです。
入会金を払い、毎月一定額の月会費を払うことで、一定のサービスが好きなだけ受けられるというタイプが多いです。
小さなジムだと1種類だけですが、大きなジムの場合には平日のみ会員や夜のみ、休日のみなど利用できる曜日や時間帯を分けたコースが用意されている場合もあります。
利用できる曜日や時間が多いほど月会費は高くなるのが一般的です。
いつでも利用したい、たくさん通いたい方なら、制限なく利用できるコース、平日の夜しかこない、平日の昼間のみなら月会費の安いコースなどと選べます。
コース内容により、スタジオプログラムをはじめ、ジムにあるトレーニング機器を自由に利用できるのが基本内容です。
パーソナルトレーニングなど特別なプログラムは、別途有料となるケースが多いです。

■チケット・回数券制

チケット・回数券制はパーソナルトレーニングジムをはじめ、スタジオプログラムがメインのジムなどで見られることが多い料金システムです。
有効期限がある場合、無期限の場合もありますが、一定期間内に使う制約がある場合も少なくありません。
入会時などにまとめて購入することになる前払い制です。
そのため、数回行ったきり行けなくなると損をしてしまいます。
継続的に行けない可能性がある方やトレーニング内容が合うか不安な方は、行けなくなった場合に払い戻しが受けられるか、休会ができるかなど、事前に確認しましょう。
自分に合ったジムであるか、トレーニングが合うかを確認するために、チケットや回数券を買う前に体験トレーニングなどをすることも大切です。

■都度払い制

都度払い制は利用の都度料金を払う方式です。
チケットや回数券制も設けているジムの場合には、チケットや回数券の1回ごとの料金よりは割高になります。
都度払い制のみの場合は、料金が高いかどうかは、ほかのジムとの比較となりますが、トレーナーの質や内容によって満足度は異なるので、単純に単価を比べても意味がありません。
都度払い制のメリットは、好きな時に自由にマイペースで利用できることです。
月会費制のように月に何度も通えなくても、費用を無駄にすることはありません。
チケットや回数券制のように、事前にまとまったお金を払う必要もなく、有効期限などに追われて通う必要もありませんし、なんらかの事情で通えなくなっても、困ることがありません。
チケットや回数券制を買ってしまったり、月会費を払って自分がケガをしたり、病気をして通えなくなったり、妊娠したり、家族の介護が必要になったり、転勤などで引越すとなれば、途中で断念せざるを得ません。
そうしたアクシデントや突然の事情変更があっても、都度払いをしていれば問題は生じません。

■都度払いで柔軟にトレーニングを

都度払いは忙しくて先々のスケジュールが予測しにくい方や子育て中で急な予定変更が入る方には便利です。
また、1つのジムやトレーナーに固定されることもありません。
ネットで検索して、いろいろなパーソナルトレーナーを選んで依頼することやいろいろなジムを試すことも可能です。
都度払いで気軽にさまざまなジムやトレーナーを比較し、自分に本当にマッチするジムやトレーナーと出会うこともできます。

 

最新情報をチェックしよう!