【初心者向け】フィットネスの大会3選!!「迷ったらFWJ」

迷ったらFWJにエントリーしよう

フィットネス大会に参加したいけど、どの大会が良いか分からない。初心者でも参加しやすい大会はどれ?
と迷っているのなら、FWJ一択だと思っています。

  • 全国各地で大会が開催されている
  • 超初心者向けのカテゴリーもある
  • だけど、レベルが高いので参加する価値あり

他の大会と比べると参加費が高いですが、その分出場する価値は高いです。
大会に出る事を目標に筋トレを頑張ったこと。

食事にも気を遣って、大変だけど脂肪が減って浮き上がってくる筋肉に自信がついたり。大会でしか味わえない緊張感。

さまざまな事を体験できます。
「挑戦してみて良かった」と言う声もあるので、ぜひアナタも参加してみては。
次ページでは大会に向けて、どんな事をすればいいのかお話していきます。

フィジーク初心者が大会に向けてやるべき事

初心者向けの大会といっても、どの大会もレベルが高く、ナメて参加するとあっという間に落ちてしまいます。

ここではアッサリ落ちないためにも、どんな準備をしておけば良いか簡単にお話します。

目指す体脂肪率は1桁台

理想的なフィジークの体脂肪率は10%以下と言われてます。

1桁台にしないと、筋肉のボコボコ感が表面に現れないので、体脂肪は結構絞らないといけません。

ですが、体脂肪率を下げ過ぎると今度は病気になりやすいです。せいぜい5%以上は保つようにしてください。

フィジークは健康的な体も審査対象なので、絞り過ぎないように気を付けましょう。

フィジーク用の筋トレ種目

フィジークは特に逆三角形のシルエットを求められるので、上半身のトレーニングでも胸や肩周りの筋トレが重要です。

もちろん腹筋も必要ですが、通常の腹筋よりは腹斜筋というお腹のサイドを鍛える筋トレも適度にやっておきましょう。

自宅トレーニングでは到底、大会に出場できる体にできないので、積極的にジムを利用した方がいいですよ。

大会に向けた食事の管理法

フィジークは絞りも評価対象です。なのでカロリーを制限していかないと、うまく体脂肪率を落とす事ができません。

ですが、食事を制限しすぎると筋肉が大きくならないので、カロリー制限をやり過ぎてしまうと、失敗してしまいます。

  • 炭水化物も食べる事
  • 脂質も恐れてはいけない
  • 有酸素運動のやりすぎに注意

炭水化物や脂質はダイエットの敵と言われてますが、それは脂肪になりやすいからです。

体は動かす燃料が足りなくなると、タンパク質を燃料にしてしまうので、筋肉が成長しなくなります。

なので、食事はタンパク質を多めに。炭水化物や脂質を制限し過ぎない事。だけどカロリーは控えめに。このような食事を徹底しましょう。

トレーニングをいっぱいやって燃やせばいいだろう、と思うかもしれませんが、過度なトレーニングは逆に筋肉が付かなくなります。

同じ理由でランニングなどの有酸素運動もやり過ぎると、筋肉が大きくなりません。
できるだけ食事のカロリーを調整する方法で、体を絞りましょう。

【まとめ】初心者が目指すべきフィットネス大会

初心者はFWJ(Fitness World Japan)に出る事を目標にしてみましょう。

FWJは初心者向けの部門もあって参加しやすいですが、決してレベルが低い大会ではありません。

他の大会にも出場できますし、全国各地で大会が行われていて、純粋に肉体で勝負できるので容姿に自信がなくても大丈夫です。

確かに初参加は心理的にハードルが高いかと思います。

恥ずかしい結果になったらどうしよう。自分のレベルで大会に出れる訳がない。

このような不安を抱えるのは皆さん一緒です。

大会に出て、予選落ちになったとしても失うものはお金くらいです。

フィットネス大会に参加して得られた経験、身についた筋肉や習慣は簡単に失いません。

あなたもぜひ、大会に出場してみてください。
フィジークに出場できるくらいの体は、めちゃくちゃ女性ウケが良いですよ。

最新情報をチェックしよう!